歯周病の治療

歯周病の治療 (軽度)

軽度歯周炎とは、歯根の半分程度の深さまで炎症が進んで、歯周組織が破壊されはじめた状態。歯周ポケットの深さは、4ミリ程度。歯周炎と歯肉炎とを分けるポイントは、はぐき以外の歯周組織が破壊されているかどうかにあります。これは軽度とはいえすでに歯周炎。ブラッシング時の出血や歯ぐきのムズムズ感できずくことが多いのですが、やはり痛みがないため放置しがちです。いまのうちに治療すれば、まだ歯はグラグラになりません。

治療は歯肉炎と同じく、プラークコントロールをすることで治療できますが、歯周ポケットが深く、硬い歯石が歯ぐきのなかにも溜まっているので、セルフケアだけでは決して改善しません。歯科医院でのプロフェッショナルケアで歯ぐきに隠されたプラーク、歯石も取り除き、また毎日のセルフケアをしっかり行って治療をしましょう。


歯周病の治療(中度)

中等度歯周炎とは、歯根の3分の2の深さまで歯周組織が破壊されている状態。歯周ポケットの深さは、6ミリほどに。歯周組織が破壊されたため歯のグラつきがはじまります。そのため歯の隙間が広がり、食事に支障をきたすようになります。治療後には歯ぐきが退縮し、歯が長く見え、歯根が露出してしみるようになります。

また、ジワジワと壊れていくのが歯周病の特徴ですが、噛む力の影響を受けて一気に破壊がすすむことがあります。歯周炎が進行して、力を受け止めるクッションである歯根膜を失うと、噛む力によるダメージを受けやすいのです。ときどき歯ぐきが腫れて痛んだり、膿がでたりしますが、放っておくといつの間にか症状が治まるためほうちしがちです。

治療は、専門的な歯周治療が必要です。まず、ブラッシングとプロフェッショナルケア、手術などで、歯ぐきの奥深くに隠されたプラークや歯石を徹底的に取り除き、炎症を抑えます。同時に、グラグラする歯をワイヤーなどで固定したり、かみ合わせの調整をしたて噛む力のコントロールを行い、歯槽骨の回復を待ちます。再生治療など、最新の治療技術もします。セルフケアや治療への協力が、よりいっそう患者さんに求められます。


歯周病の治療(重度)

重度歯周病とは、歯周組織が3分の2以上失われ、すでに歯はグラグラです。歯ぐきが腫れて痛んだり、膿が出たり、ポロリと歯がぬけてしまうことすらあります。歯間がさらに開いて、前歯は前にせり出し、食事に支障が出ます。口臭もひどくなります。ここまで進行するまでには、歯ぐきの腫れや痛みが何度も繰り返しあったはずです。すでに治療がたいへん困難な状態になっています。最も大切なのは、定期健診で歯周病を予防すること、あるいはこうなる前に早期発見、早期治療をすることです。日ごろからお口の健康にもぜひ関心を持っていただきたいと思います。

治療は、残念ながら歯を残せない場合もあります。また、徹底したセルフケアはもちろん、歯科医院で行う治療にも、患者さんの長期にわたる努力と忍耐が必要となります。


歯周病と抜歯

歯周組織が3分の2以上うしなわれ、歯は抜ける寸前。治療が困難な状態です。
長期的な予後の見地から、抜歯をしてブリッジか入れ歯、
あるいはインプラントなどの治療を選ぶべきか、こちらで相談ください。
重度歯周炎にかかった歯の歯槽骨などの深部歯周組織を増やすには、再生療法を行います。
その後、長期にわたってプラークコントロールと力のコントロールを徹底します。


症例写真(術前と術後の比較)

歯周病をきちんと治そう CASE 1 (55才女性)

[1] 初診時


[2] 歯周治療終了後 メインテナンス時


歯周病をきちんと治そう CASE 2 (48才男性)

[1] 初診時


[2] 歯周治療終了後 メインテナンス時


医院名 医療法人社団桜実会
院 長 坪野 慶明
住 所 〒311-3114
茨城県東茨城郡茨城町大戸1996-1
診療時間 10:00 - 13:00、15:00 - 19:00
※休診日 木曜・祝日
TEL 029-291-0555
求人募集