インプラント
初診の流れ
院内ツアー
求人募集
アクセス アクセスマップ

インプラント

IMPLANT TREATMENT

インプラントとは

英語のdental-implantからの輸入語でデンタルインプラントと呼ばれ、単にインプラントと略称とされることが多いい。その他、人工歯根、口腔インプラント、歯科インプラントなどの呼称がある。インプラントという歯科治療が日本に導入され20年あまり。最近では一般の方にも知られるようになりました。歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。

事故などで歯を失った場合、一般的におこなわれているのは入れ歯やブリッジと呼ばれている方法です。これらの方法では歯根は失われたままですが、インプラントでは歯根を再現するわけです。歯がなくなったあごの骨(歯槽骨)に穴をあけて、支柱となるインプラント体を埋める。徐々にあごの骨が回復すると、金属製の人工歯根と直接ガッチリと結合する。この現象をオッセオインテグレイション(骨の結合)といい、完全な固定の状態である。こうして、人工歯根と生体が調和し、長期にわたり保持される。

 

インプラントの仕組み

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込むだけでなく、その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の歯を取り付けます。インプラントは生体との親和性が高いチタンでつくられています。チタンは長年の臨床研究でインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、そのうえに丈夫で安定した人工の歯をつけることができます。
つまり、インプラント治療により、天然歯のような見栄えだけでなく、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった食べる・話すという機能も回復できるのです。
 

1.インフォームド・コンセント
 歯科医師から治療方法の説明を受ける。メリットとデメリットを知って、納得して選択をしてください。

2.診査・診断
 問診、口腔内検査、x線撮影等にわたる診査をもとにした診断をうけます。

3.手術の準備のための治療と清掃

4.1次手術


5.2次手術

6.人工歯をつくるための型取り(印象採得)

7.仮の上部構造の装着

8.最終的な上部構造の装着

9.定期的なメインテナンス

 

治療期間について

骨との結合を促進させるためのインプラント体の素材や表面加工の改良が進み、治療期間は徐々に短縮されてきました。また現在では、1次手術と2次手術を同時に行う1回法、治療期間を一気に短縮する即時負荷インプラント、抜歯即時インプラントなどもおこなわれています。ただし、こうした新しい治療法を行う場合、患者さんの顎の骨の状態・全身状態などの要件を満たすことが必要となります。

 

質問

Q. 歯周病で歯がグラグラ。ついに抜歯になりそうです。インプラント治療を受けたいのですが、骨が痩せていると無理だってほんとですか?

. インプラントを歯槽骨に埋め込んで、骨結合を得るためにはじゅうぶんな骨量が必要です。現在は歯槽骨を増やす治療もありますので、まずは検査を受けて相談ください。
 

Q. インプラントはどのぐらい長持ちするのですか?

. インプラントは、どうしても高額な治療になってしまいますから、患者さんとしては、「どのくらいもつのか」ということが、とてもきになることと思います。適切にメインテナンスがなされていれば、現在は、10年後に90%以上のインプラントが機能しています。適切なセルフケアとメインテンスによって、長期的な安定を目指したいものです。
 

Q. インプラント治療は誰でも受けれるのか?

. (年齢) 年齢の上限はありません。日常生活がご自身でできる程度、具体的には階段の上り下りが1人でできる程度の体力があれば、受けれます。若年者においては、成長発育が終了した時点からが適応年齢となりますが、20歳が一つの目安です。
  (禁煙) 歯周病のリスクファクターは、基本的にインプラントのリスクと考えてください。
  (全身疾患) コントロールされた状態であれば、全身疾患の既往があってもインプラント治療は可能であるとかんがえられます。
 

Q. 手術後の仮歯はどうなるのか?

. 手術後いつ頃から噛んでもよいのか?そして、その後の仮歯がどうなるかは気になるところだと思います。治療の目安は、粘膜の場合は2~3週間、骨の場合はおよそ6~16週間です。特に、粘膜の治療が終了するまでは、積極的に手術部で噛むことを避けていただきたいのです。ただ、前歯部など、歯を入れなくてはいけない場合には、骨に負担のかからないようにして、仮歯を入れることも出来ます。治療期間中にどうしても固定式の仮歯が必要な場合には、残った歯を支台に使う、テンポラリーインプラントを使う、入れたインプラントにすぐに力をかけるといった対応法があります。
 

Q. 治療後にも手入れが必要なの?

. 天然歯を喪失した結果として、インプラントを用いた機能回復治療が必要になりました。治療が終了しても口腔内には、天然歯を喪失させた原因が潜在的にのこっています。さらに、その原因はインプラントへも影響を与えます。具体的には、歯周病原性菌によるインプラント周囲炎、 過大な力による骨吸収、そして、天然歯の変化、喪失に伴う力学的バランスの不調和と、治療後も荒波にさらされています。そのため、自己管理と、歯科医院で定期的に変化を見つけ対応をすることを両輪として昨日させないと、長期的な安定は望めないのです。
 

Q. 治療や手術は痛くない?

. インプラントの植立は、確立された安全な方法ですが、従来の歯科治療と異なり、骨に直接アプローチする手術があることは事実です。それゆえ、正しい知識をもっていただき、術前に体調を整えていただくこと、そして術後の注意点をまもっていただくことが重要です。通常は局所麻酔のみで手術を行いますが、必要な場合には、静脈鎮静法などにより、緊張緩和をすることもできます。

当日の注意点
基本的に、インプラント手術後の疼痛は、抜歯後疼痛に比較して楽な場合が多いようです。しかし、手術範囲、方法、骨の状役、痛みに関する感受性などによって大きく差ができます。

投薬
骨膜を剥離して骨を露出させるために、術後炎症は必ず起こるので、広域スペクトルの抗生剤と消炎酵素剤を処方します。易感染性疾患を有する場合には、抗生剤の術前投与を必要とする場合もあります。一般的な手術では術後3日量、GBRなどの骨造成を同時に行う場合や上顎洞への対応をした場合には7日量投与することもあります。患者さんのなかには、自己判断で抗生剤を鎮静剤のように考えて、最初の1~2回だけ福用して中断してしまう方もあるのですが、血液中の濃度が一定に高まってはじめて抗生剤の効果が発揮されるので、必ず指示を守ってください。

創面の安静
術直後の粘膜を可及的に早期に治療させるための要件は、安静と化学的刺激をあたえないことです。したがって、、術後24時間は、頻繁なうがいの使用は避ける方がよいでしょう。術後、、抜歯までの約1週間は、手術部への歯ブラシによる機械的刺激は避けてください。抜糸後は、指示に従い創面を傷つけない範囲で注意して清掃しましょう。

義歯の使用
原則として抜糸までは義歯の使用をひかえてください。ただし、十分な栄養補給を心がけてください。

生活面の注意

当日は、飲酒、過激な運動など、体力をていかさせるようなことをさけてください。