医療機器

デジタルレントゲン

レントゲン診断は、歯科治療においては必要不可欠な診断法のひとつです。

そのためには、正しい診断を可能にする繊細な画像、可能な限りの放射線低被曝を考えております。

当医院は、デジタル化をしており、モリタのScanXをしとうしています。

高感度イメージングプレート(IP)はデジタル撮影時、D感度フィルム撮影に比べて、約4分の1の少ない線量で高品質な画像が得られます。 


超音波洗浄機

器具の滅菌処置を行なう前に超音波を用いて汚れを除去します。


高圧蒸気滅菌器

使用する器具は、可及的に滅菌し、患者様ごとに交換しております。

みなさまのお口の中に入る診療器具は、オートクレイ―ブで可及的に滅菌処理を行い、おひとり様ごとに滅菌パッケージされております。


株式会社ナカニシのVarioSurg(バリオサージ)

欧米の口腔外科、インプラントのスペシャリストが絶賛するNSKの超音波ボーンサージェリーシステム「バリオサージ」は、まるで手の一部のような操作感を実現したライト付ハンドピースや、口腔外科用として特別に開発された高性能エンジンによる先進の機能、そして、丁寧に目立てを施し、切れ味と最低限の侵襲を追求した専用チップとの組み合わせにより、安全で効率的な施術を実現します。 


オプリス双眼ルーペ

歯科用双眼ルーペによる精密診療では、広い視野径と深い焦点深度により視覚や姿勢の自由度が確保しやすいため従来の診療スタイルを継承しながら日常の歯科臨床に幅広く使えることが大きなメリットになります。

歯科用双眼ルーペは、ほとんどの歯科臨床に応用できますが、特に精度を要求される以下の歯科臨床で有効に活用できます。 


LifemateN  OPV-1512

血圧を簡単にすぐ測れて、患者さんの容態をもっとよく知りたい時に使います。

経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)、血圧、脈拍などをはかります。


笑気吸入鎮静器

歯科治療に不安や不快を感じる患者さんに有効です。

笑気吸入装置で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、専用の鼻マスクを用いて患者さんに鼻から吸入させます。

笑気の臭いはほのかに甘い香りで、違和感なく気持ちよく吸入できます。

そして笑気の吸入を停止すれば、いつでも速やかに鎮静状態から回復します。

治療終了後は、患者さんを長期間観察する必要もなく、数分で帰宅させることができます。


Beyondの照射

米国BEYOND社が開発したホワイトニングシステムです。

オフィスホワイトニングにて使用する照射器です。 


炭酸ガスレーザ

炭酸ガスを媒体とする炭酸ガスレーザーです。

炭酸ガスを媒体とする波長のレーザーは水に吸収されやすく、組織の表層で熱に変わり蒸散作用がおこります。

組織の深部まで至らないので扱いやすいレーザー光として定評があります。

レーザーの出力や発振モード、フォーカス、照射時間を変化させることで様々な治療方法に応用することができます。

また、極小の焦点スポットと高エネルギー密度のレーザーが低侵襲・無痛型の治療を可能にします。


医院名 医療法人社団桜実会
院 長 坪野 慶明
住 所 〒311-3114
茨城県東茨城郡茨城町大戸1996-1
診療時間 10:00 - 13:00、15:00 - 19:00
※休診日 木曜・祝日
TEL 029-291-0555
求人募集