初診の流れ
院内ツアー
求人募集
アクセス アクセスマップ

院長ブログ

今年の休日

今年の休日は、12月29日~1月4日までです。

来年は、1月5日からとなります。

投稿日時:  カテゴリ:お知らせ

今年の休日

今年の休日は、12月29日~1月4日までです。

寒い日が続きますが、風邪をひかないように気を付けてください。

投稿日時:  カテゴリ:未分類

金属床義歯

こんにちわ。おおど歯科クリニックの坪野です。

患者さんで、口蓋に「ベトッ」と入れ歯があるのは「イヤダ」といわれます。そのときは、口蓋を金属にして薄くし、くり抜きます。ただし、入れ歯がおちやすいので、前歯4本にバネをかけます。

患者さんは、非常に喜ばれます。

この次は、部分的な入れ歯で、シリコーンと金属を使った入れ歯を紹介します。Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

投稿日時:  カテゴリ:未分類

舌小帯強直症

こんにちは、茨城町のおおど歯科クリニックです。

これは舌小帯の短縮、あるいは舌小 帯が舌尖から下顎舌側の正 中歯槽部歯肉まで接近している場合を言います。原因 は、先天 性と後天性に分けられます。後天性は、舌から口唇における手術や外傷によっておこる舌運動の制限をいいます。「タ行」「サ行」「ラ行」音がいいずらいです。

治療方法

一般的に舌小帯に横切開を加え縫合します。5歳以上だと、局所麻酔で大丈夫です。低年齢だと全身麻酔によることも検討します。痛みは、術後は多少あります。術中はありません。保険適応です。通院をしていただきます。Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

投稿日時:  カテゴリ:未分類

よし歯科クリニック オープン

こんにちは、茨城町のおおど歯科クリニックです。よし歯科をオープンしてから、5ヵ月が立ちました。 おおど歯科の方が遠い方はよし歯科の方が近くて便利なので、通ってもらっています。 おおど歯科には、ないCTを設備していますのでインプラント、その他細かい所まで見ることが出来て、治療も正確に確実になりました。患者さんの歯だけではなく、健康な体で、楽しい生活が出来るように、歯を通して治療するように心がけております。お電話ください。

よし歯科クリニック  029-353-8844

おおど歯科クリニック  029-291-0555

投稿日時:  カテゴリ:未分類

分院が4月2日にOPENします。

4月2日に、分院をOPENします。水戸市見川町になります。本院になかった、CTもあります。いつも、水戸医療センターで撮影してもらったことが、分院でできます。本院から15分ぐらいで、便利です。

 

投稿日時:  カテゴリ:お知らせ

京都旅行

DSC01860DSC01810DSC0183010月2日から2泊3日旅行にいきました。旅行先は、京都です。京都は、中学以来であり、全く記憶がないです。とても楽しみにしていきました。まず、7時発の新幹線なのですが、ぎりぎりでした。こんなに走ったことはないぐらい走ってあと30秒遅かったら乗り遅れるぐらいでした。新幹線にのることもあまりないので、わくわくしながら乗り、特に駅弁がおいしかったです。

ホテルは、ウエスティン京都ホテルに泊まりました。

1日目は、銀閣寺にいきました。人力車にも乗りました。2日目は、清水寺に行き、稲荷神社に行きました。3日目は、金閣寺、龍案寺にも行きました。他にもいろいろなところにも行ったのですが、省かせていただきます。今回の旅は、たくさん歩きました。その中で、思い出に残ったのが稲荷神社であり、頂上まで歩くのですが、途中でお会いした、おじいちゃんが歩きながら歴史を説明してくれました。週に2,3回来て旅行者に説明するのが趣味だそうです。本当にわかりやすくためになりました。帰りの新幹線でも、いろいろ教えてもらったことをいろいろ調べたりしていました。なにはともあれ、とても楽しかったです。今度は、紅葉の時期に行ってみたいと思います。

 

 

投稿日時:  カテゴリ:未分類

金属床の構造

今回の金属床の構造は、通常の金属床より断面形状をT字状とすることで、構造をより強度を増し、さらに床縁と粘膜面はレジンですから、調整やリベースがしやすいです。こんな金属床を待っていました。DSC01302

投稿日時:  カテゴリ:未分類

患者さんからの贈り物

こないだ、患者さんから、タケノコをいただきました。今が旬のタケノコです。

そのまま食べるか、タケノコご飯にしようと思います。本当にありがたいことです。ありがとうございました。DSC01297

投稿日時:  カテゴリ:未分類

金属床義歯

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE金属床義歯の2症例を説明します。右の写真は、コーヌスデンチャーというものです。パーシャルデンチャーの支持・把持・維持を最も高いレベルで実現する、合理的な支台装置である。金属の種類は、チタンを使い生体によく、軽くて患者さんは使いやすいと、思います。

左の写真は、通常の金属床義歯です。どういう設計にするかは、私と技工士とで話しあいます。当初は、一番後ろの歯にバネをかけようと思いました。つまり、入れ歯をより動かない設計にしようと思いました。ただ、患者さんの違和感を考えて、もう少し前にバネをかけました。もちろん、前処理は行います。バネがかかるところは、歯を削ります。私は、入れ歯の設計は、好きです。どのようにしたら、患者さんが違和感なく、動かない、口の中を痛めつけないようにするには、どうしたらいいか考えています。

入れ歯の種類は、たくさんあるのでまた説明しようと思います。

 

投稿日時:  カテゴリ:未分類