入れ歯(義歯)

入れ歯の制作

1. 患者様の顎の形をとる(印象採得)

入れ歯の場合は、形をとる場所が歯ではなく歯肉の形をとるのでそのとり方によって形がかわるのです。当院では、特殊なトレーを使って患者様のお口の中の型をとります。また、患者様の専用トレー(個人トレー)で、形をとる材料(印象材)も工夫してとります。


2. 上下のかみ合わせをとる

下あごは顎関節という体の中でも特殊な関節によって前後、左右、上下に動きます。3次元の動きができる関節は顎関節だけです。この前後、左右、上下のちょうどよい位置を決めるのがかみ合わせを採る目的で、このちょうどよいところで入れ歯を作れば痛くなくはずれない違和感のすくない入れ歯を作ることができます。 


3. その位置で歯を並べます

試適といって、入れ歯の歯をロウの上に並べてかみあわせや見た目を試します。


4. 完成です

完成した入れ歯は、お口の中であたるところがないか調整します。


5. 形を採る(ダイナミックインプレション)

通常は上記の工程で終了し、あとは調整をして不具合がなければ終了です。しかし、この入れ歯で再度、内面に柔らかい材料を入れ実際に使ってもらいます。そうして、適正な位置で噛むことができる義歯で力をかけられた形は本当の意味でのその人の機能的な形といえるのです。動的な形採りなのでダイナミック印象といいます。この印象の方法が私はベストと考えます。


入れ歯の種類

入れ歯の種類は大きくわけて2つ。歯がすべてなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作ることになります。また、保険内で作れる入れ歯以外にも、保険が適用されず自己負担が必要となる素材、技術の入れ歯があります。


「プラスチック」 
保険診療で使用します。
基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくいです。


「超硬質コバルトクローム合金・コバルトクローム合金」
永く入れ歯材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。丈夫さや薄さを限りなく追及します。


「金・プラチナ」 
昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。いろいろな食べ物の味もそのままおいしくいただけます。


「ステンレスメッシュ」
網目状にミクロの孔が無数にある特殊な金属を使っています。この孔によって食事の時の味も温度も瞬時にお口全体に広がります。


「純チタン・チタン合金」 
チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属です。


「インプラント併用入れ歯」 
インプラントをあごの骨に数本うめこみ、その上に入れ歯を固定する装置を取り付け、入れ歯をガッチリと固定する方法。


「ノンクラスプデンシャ―・シルキー」 
弾性性のある入れ歯で、金属バネを使用せずに入れ歯が固定できるのが特徴です。バネがないので見た目が良く違和感が少ないので、患者様に喜ばれます。


シルキーの特長

シルキーと保険内入れ歯の比較

シルキー

保険内入れ歯

金属床とシルキーのコンビネーション

「コーヌスクローネ」 
歯に巻きつける「バネ」の代わりに、自分の歯を被せもので突起状にし、さらに入れ歯に取り付けた被せものが突起に被さるようにして入れ歯を固定する方法です。


「磁性アタッチメント」


医院名 医療法人社団桜実会
院 長 坪野 慶明
住 所 〒311-3114
茨城県東茨城郡茨城町大戸1996-1
診療時間 10:00 - 13:00、15:00 - 19:00
※休診日 木曜・祝日
TEL 029-291-0555
求人募集