初診の流れ
院内ツアー
求人募集
アクセス アクセスマップ

フェイスボウとデナーマークⅡ咬合器を購入

フェイスボウトランスファーとは、フェイスボウを用いて、咬合器上に上顎と顎関節の位置関係を再現するために行う操作です。

フェイスボウトランスファーを行う際の基準平面は、ほとんどの場合FH平面になります。

この患者さんは、かみ合わせが低いので、少し高くして咬合平面をそろえたいと思います。

投稿日時:  カテゴリ:お知らせ